立会外分売とは?
立会外分売とは、売買立会時間外で大株主の大量の売注文を投資家に分売する方法です。 株主数の増加や流動性の向上を目的に実施されます。

参加方法は?
IPOやPOと同様に需要申告によって参加します。
申し込み期間は、分売実施前営業日夕刻〜実施日早朝までと非常に短いです。

立会外分売のメリット!!
前日終値からディスカウント価格で購入可能。
IPOと違い競争率が低いため、簡単に当選する。
購入手数料が無料。

立会外分売のデメリット!!
分売価格をあっさり割れることが多く、銘柄選別が必要。
利ざやが小さい。

2007年05月15日

立会外分売エリアリンク

8914 エリアリンク

立会外分売実施日  2007/05/16

市場           東証マザーズ
立会外分売株数   30000株
立会外分売価格   75200円(割引率2.97%)
前日終値        77500円

立会外分売価格割れリスク 

割安度       ★☆☆
意外性       ★★☆

立会外分売お奨め度 ★★☆☆☆

立会外分売は?(人気BlogRanking)

立会外分売ハンターからの一言

今日の出来高5653株と流動性は十分、買い板は77100*2、77000*30、76800*1、76500*10、76300*56とソコソコ厚いが分売枚数30000株では不安よぎる。
PER24.0倍、PBR5.42倍、配当利回り0.38%(本日の終値で算出)と割安感はない。
しかし、成長性抜群の不動産関連のグロース株であり、今後の成長を信じられれば買えなくもない。
外国人持ち株比率が高いのも注目点。
だが、無理して立会外分売でゲットする必要もないか。
posted by bunbai at 19:17| 立会外分売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。